児童の活動

5年生のアルバム

夏休みのお米の様子

6月に5年生全員で植えたもち米の苗がずいぶんと大きくなり、背丈も高くなりました。

栄養がたっぷりでおいしいお米にするためには雑草取りが欠かせません。

 

7月上旬に子どもたちと一緒に草取りをする予定でしたが、

天候が悪く実施ができなかったため、今日は職員で草取りを行いました。

 

雑草の数も多かったですが、おいしいお米になるようにと思いを込めて取り組みました。

農家のみなさんはこれよりも広い田んぼで同じような作業をしているのだと思うと、

日頃食べているお米もより味わって食べようという気持ちになります。

 

今回の草取りの作業もお米の先生にご協力いただきました。

ありがとうございました。

初めての糸のこぎり

図工の「わくわくプレイランド」の学習では

電動糸のこぎりを使ってビー玉遊びができるおもちゃづくりをしました。

 

初めての糸のこぎりに子供たちは緊張の表情を浮かべていました。

「まっすぐに切るだけなのに難しい!」「ゆっくりやればカーブも切れたよ」と

難しさを共有しながら取り組んでいました。

 

 

作品を完成させるところで1学期が終わってしまったので

2学期には友達の考えたビー玉遊びを楽しみたいと思います。

 

夏休みも生活リズムに気を付けて、楽しい思い出をたくさん作ってほしいです。

田植え体験

座間小学校の伝統でもある5年生のもち米作りが今年も始まりました。

育苗センターに見学に行ったり、農家のみなさんからお話を聞いたりして

米作りについて学んできましたが、今日は実際に苗を植えに行きました。

 

 

初めて足を踏み入れる田んぼの土の触感に驚いたり、

まっすぐに苗を植える難しさを感じたりしながらも楽しんで体験していました。

収穫するのが今から楽しみです。

 

地域の農家のみなさんが丁寧に教えてくださいました。

ご協力いただきありがとうございました。 

6年生に向けて

1年間、座間小学校を引っ張ってくれたリーダー、6年生。

4年生からは廊下の掲示物とメッセージ動画を贈り、感謝の気持ちを伝えました。

回数は少なかったですが、クラブ活動で関わったり、委員会活動で見えないところでも働いてくれていることを知り、改めて6年生のすごさ、かっこよさを感じていました。

来年から高学年!

下級生のお手本になる心意気で、学校のリーダーになる準備期間として、

学校を支える5年生になってほしいです。 

福祉体験

1学期から「福祉」について学習を進めてきました。

「みんなが幸せに生活する」そのためにどんなサポートがあって、自分たちにできることはどんなことがあるのかについて調べてきました。

実際に体験を通して、子どもたちは大変だったことや楽だったこと、サポートの難しさを感じていました。